マンションや物件の買取で成功するコツとはなんなのか!?

MENU

マンション・不動産の買取解決策

 

不動産査定をしてもらって「不動産を売る」というのは普通の人はなかなか経験しませんよね。
おそらく一生に一度あるかないかの大仕事です。
もしそうなったとき、あなたはどんなことを考えますか?

 

・時間が掛かってしまうのではないか?
・費用や税金はいくらぐらい掛かるの?
・やっぱり高額で売りたい!

 

などが気になるポイントではないでしょうか。
確かに不動産を売るということは、先ほども言いましたが大変な労力を要します。
長い時間査定を待たされた挙句に、自分の納得のいく価格が出なかった…。
なんとことも、決してめずらしいことではありません。

 

このような失敗を避けるにはどうすればよいのでしょう?

 

実は、失敗をなされた方々には共通した「あること」があります。

 

その「あること」とは…

 

ズバリ「不動産会社1件としか交渉していない」ということです。

 

不動産の買取価格は不動産会社によってまったく違います!
その理由は、不動産と不動産会社には「相性」のようなものがあるからなんです。

 

例えば、甲不動産を売りたいときに、A社又はB社に依頼するとします。

 

甲不動産は、A社にはそれほど欲しくない物件だったとしても、B社もそうであるとは限りません。
B社が甲不動産が欲しい物件であれば当然、A社の査定価格よりも高くなりますよね。

 

つまり「売りたい」と「買いたい」という利害が一致するわけです。
仮にA社だけに依頼していた場合、あなたとA社の利害は完全に一致しませんから、必然的に査定価格は下がってしまいます。

 

この場合ですとB社に依頼するのが正解、ということですね。

 

このような理由からも、やはり不動産買取は「たくさんの不動産会社に依頼した方がいい」ということが言えます。
それもなるべく多くの不動産会社に依頼した方がいいです。
多ければ多いほど良いでしょう。

 

不動産を売るときには、買取の他にも「仲介」という方法もあります。
これは売主と買主の間に不動産会社が入り、取引をサポートするというものです。
しかし、仲介手数料が掛かってしまったり、買主との間で取引がまとまらなかったりして時間が掛かってしまう、などデメリットも多いのが悩みのタネです。

 

相性のいい不動産会社が見つかれば、早く、高く売ることができるので、私は断然「買取」をおすすめします。

 

不動産の良い点と悪い点とは?

 

【こんな事に注意!】
最近、不動産担保ローンを行う会社の中には、悪徳業者も潜んでいるようです。
銀行でのローンであれば安心なのですが、もし銀行以外で不動産担保ローンを行う場合はヤミ金業者などに気をつけましょう。
ですが万が一知らずにヤミ金に手を出してしまった…という方にはプロにおまかせするのがおすすめです。
これまどこも解決できなかった…という相談も是非ご相談下さい。

 

 

不動産を売るケースとは

“不動産なんて売る機会ないよ…”
とお考えの方も多いかもしれませんが、実は意外にも不動産取引は身近な存在です。
少子高齢化時代を迎えている昨今、年間死亡者は136万人(平成30年度統計より)を超えており、「不動産の相続」は毎日どこかで起こっています。

 

中には相続税が支払えないというケースも多く存在しており、相続税の納付資金として早期に売却をしたいという方は年々増え続けているのが現状です。
また、定年60歳・年金受給65歳となっている現代において、5年間の生活費を確保するために副業として不動産投資をはじめるサラリーマンの方も増えています。

 

特に短期的なキャピタルゲイン(売買収益)を狙っている方は特に不動産取引を盛んに行っておりますので、より身近な存在と言えるのではないでしょうか。
予期せず不動産を取得する事になってしまった方も、不動産投資にて保有・売却を行う予定の方も、マンション買取のイロハは知っておいて損はありません。

 

 

不動産を高く買取してもらうコツ

 

では、自宅マンションを高く買い取ってもらうコツはあるのでしょうか?

 

通常の仲介による売却と違い、買取は不動産のプロである不動産会社(以降、業者と表記)が買主になりますので、高く売るのはなかなか厳しそうです。

 

しかし、方法がないわけではありません。
ここでは3つのポイントをお話します。

 

「買う時から売却を意識する」
「売るための心がけ」
「買取業者の選び方」

です。

 

1つ目はこれから不動産の購入を検討される方に、2つ目と3つ目はすでに不動産を所有し、売却を検討される方へのアドバイスと考えて頂けると良いでしょう。

 

では、説明して行きます。

 

 

 

買取金額が高い不動産とは?

 

マンションでも土地でも、不動産の価値として「所在地」が最も重要と言えるでしょう。

 

駅や買物などの利便施設や、学校・病院などの公共施設が近ければ、「情報として掲載される不動産」という観点からすれば、誰が見ても高く評価される物件です。

 

一方、マンションや一戸建てなど建物の価値では、「外観」「間取り」が重要になります。
一般的に、特殊な形状や色合いよりもシンプルでオーソドックスな外観が好まれます。

 

また、一戸建てなら、間取りの変更が可能な自由性のあるものは人気があり、LDKは16帖以上、マンションなら15帖以上あると売りやすくなります。

 

「買う時から売却を意識する」とは、それらの要素を備えた物件を購入するということになります。

 

 

 

高く買取りしてもらうために心がけておきたいこと

 

所有している不動産を売却する際に、注意点があります。

 

まず、日頃から水回りは定期的に掃除しておくことです。
排水口や排水管は老朽化が見えにくい箇所です。
日頃のお手入れや定期的な点検を心がけましょう。

 

また、個人の好みで特殊な造作は極力加えないことです。
売る側の趣向で設置したものを買う側が必ずしも好むとは限らず、買取の際に撤去費用を計上される可能性もあります。

 

ちなみに、リフォームについては基本的に不要です。
最低限の清掃で良いでしょう。

 

不動産買取の際にかかる諸経費

 

 

 

買取業者の選び方を教えて欲しい!

 

買取る側の業者にもいろいろ種類があります。
以下に列記してみました。

 

  • 物件エリア内の地元不動産会社
  • 全国区の大手不動産会社
  • 買取りを専門に扱う会社
  • 競売や任意売却を専門に扱う会社

 

これらの会社に買取の査定を依頼します。

 

依頼する会社は5社以上が望ましいでしょう。
そして、一番高い金額を提示してきた会社に買い取ってもらうのです。
ちょっとした「入札」のような感覚です。

 

また、最近では不動産一括査定サイトなどもあるので、興味のある方は利用されてみてはいかがでしょうか。