参考にしたい土地の評価方法

MENU

土地を相続した場合の評価方法

不動産の評価方法は不動産の種類によって異なります。
不動産を売却したい場合は参考にしてみてください。
売却に必要な書類はこちら

 

 

土地の評価方法による分類

土地等は「倍率方式」「宅地比準方式」「路線価方式」のいずれかで評価します。

 

宅地や借地権等…「路線価方式」又は「倍率方式」
その他の土地等…「倍率方式」又は「宅地比準方式」

 

 

土地評価の手順

評価は以下の様な手順となります。

 

①評価単位の確定
宅地の評価は1区画ごとに行います。
2つ以上の宅地や家がある場合などもありますので、2つを合わせて1区画にするか、それとも1つずつ1区画にするかを確定します。

 

 

②地積の確定
1つの土地が2区画以上となる場合は、測量して1区画ごとの面積を確定します。
登記簿と実際の面積が異なる場合もありますが、その際は実際の面積によります。

 

 

③評価方法の確定

 

<路線価方式>
路線価方式とは評価対象の宅地に面する道路に付された路線価を基として、その宅地の形状等に応じた価額の調整を行った金額により評価する方法です。

 

<倍率方式>
倍率方式は路線価のない地域の宅地や農家、山林などの土地を評価する方法です。

 

<宅地比準方式>
宅地比準方式は市街地農地や市街地周辺農地を評価する場合に適用されます。

 

 

④各種の調整率の確定
土地はその形状等に応じて各種の調整を行います。
例えば角地ですと評価額は高くなり、反面がけ地や不整形な土地の場合その評価は低くなってしまいます。

 

 

⑤小規模宅地の評価の特例の計算
被相続人(土地を相続した人)の居住の用、または事業用に利用していた宅地は、一定の面積まで評価の減額が認められます。
ただし、適用を受けるには一定の要件を満たす必要があります。