売却前に多くの不動産業者に査定を依頼して、相場を把握することが大切です。

MENU

不動産買取業者を選ぶ際のポイント

不動産を売却するときは不動産会社などの買い取り業者を選ぶ事が大事になってきます。個人の力だけで不動産を売却する事は難しいと言わざるを得ないためです。

 

不動産買い取り業者とは、売却依頼のあった物件の査定をし、業者が直接買い取りをしてくれる業者の事です。
一方、売却依頼のあった物件とその物件を購入したい買い手との仲介を行う「不動産売却業者」があります。

 

不動産の売却に慣れていない場合、業者と直接交渉する事が出来る「不動産買い取り業者」を選ぶほうがよいでしょう。
仲介業者を選ぶと購入者が見つかるまで時間がかかるなどのデメリットがありますし、価格交渉がうまくできなければ自分の思ったような売却が出来ない可能性があります。

 

不動産買い取り業者を選ぶポイント

不動産を売却するときには必ず業者に「査定」をしてもらう必要があります。
そのときにたいていの人は大手の不動産会社ばかり選びがちですが、実は地元にある不動産会社の方がその土地の事情に精通している事もあり高値で買い取りを行ってくれる事もあります。そのため査定を行うときはさまざまな不動産屋さんに頼むようにするとよいでしょう。

 

そうする事でより相場の把握をする事が出来ますし、各不動産屋さんの対応を直に確認する事もできます。
また、不動産買い取り業者がどのような不動産を扱っているのか確認しておく事も大事です。

 

自分が売却したい不動産を扱う事が得意な業者を選ぶようにしたほうが高値で売却する事が出来ます。
どの不動産業者のホームページなどを確認したり、電話やメールなどで問い合わせるなどをするようにしましょう。

 

また、その不動産業者の免許番号や行政処分歴なども確認しておく事が大事です。