不動産会社によって買い取り価格が違うのはなぜでしょう

MENU

買い取り価格が不動産会社によって違うわけ

 

買い取りの場合、単に買い取るだけの場合と、同じ会社で新たな土地建物も購入する場合では、買い取り価格が変わってきます。

 

新たな土地と建物を購入することが決まっている不動産会社での買い取りは、買い取りだけを依頼した場合よりも、相場より低くなる割合が少なくなることがあります。

 

どちらの場合も、不動産会社は買い取り時に不動産取得税、登録免許税、登記費用等を支払い、買い取りした物件を、リフォームしてから、販促活動をして、売却するため、売れる家にするための費用がかかりますので、その分が相場価格よりも低くなるのです。

 

また、その不動産会社が買い取るわけではなく、別の不動産会社に仲買をする場合があります。
このような場合には、買い取り価格がさらに低くなってしまうことがあります。

 

これは、間に入った不動産会社が、別の不動産会社に仲買手数料を支払うためと、両方の会社に対しての手数料は上乗せされて売却価格から引かれてしまうからです。
買取と仲介の違いはこちら

 

実際には、相場価格よりどの程度安くなるかというのは、不動産会社のさじ加減というところもありますので、不動産の売却方法を決めた場合には、まず、相場を調べた上で、できるだけ多くの不動産会社で査定を出してもらい、納得のいく価格を提示してきた会社、誠意ある対応をしてくれる担当者のいる会社と契約を結ぶようにしましょう。