十万円単位の端数を値引きすることが多く、端数を値引き交渉されてもいい数字にしましょう。

MENU

不動産売却時の交渉術

不動産を売却する場合、できるだけ早期に高額で売却したい、と思うものではないでしょうか?
しかし、不動産を購入する側は、できるだけ安く購入したい、と思うものです。

 

そのため不動産を取引する場合、必ずと言っていいほど「価格交渉」を行わなくてはいけません。この価格交渉を上手に行う事で、できるだけ高値で住宅を売れるかどうかが決まってくるのです。
では不動産を売却する場合、どのように買い手と交渉するべきなのでしょうか?

 

不動産を売却するときの上手な交渉術

まず、不動産を売却するときには必ず値段交渉があることを頭に入れておく事です。きちんと理解をしておくことで値段交渉に余裕を持って臨む事が出来ます。
値段交渉の多くは「十万円単位の端数」を値引きするようになることが多いです。

 

例えば買い手に提示された金額が「2,480万円」だった場合、「80万円」を値引きしてくれないか、と交渉してくるわけです。そのため、売買時に「端数を値引き交渉されてもよい数字」にしておく事が大事です。

 

「じゃあ端数を無くせばよいのでは?」と思いがちですが、例えば「2,480万円」を「2,500万円」にしてしまうと、今度は「100万円単位」で価格交渉される可能性があります。
また、「8」や「9」などの数字が端数であると、なぜか「安い」と思われやすい可能性があるので、値引き交渉されることを考えた上で端数を「80万円」や「90万円」にしておくと、値引き交渉した上で売却側の希望通りの値段で早期に購入が決められる可能性があります。

 

しかし、中には「2,480万円」の物件に「2,200万円」などの物件申し込みがある場合があります。
物件の購入申し込みの多くは「提示した金額よりも安く記載」される事が多いのです。これで売り手がこの金額に納得すれば契約が成立するのですが、金額に納得できなければ下手に出る必要はありません。

 

間を取った「2,350万円」に提示してみたり、相手がいくらまでなら購入できるのかなどを聞いてみて、値下げ金額をもう少し低くしてもらえないかを交渉することが大事です。